足の毛のためにメンズ脱毛に

子供の頃から足の毛が長くて悩んでいました。髪の毛のような太さの毛が、5センチくらい伸びるからです。通常の足の毛は長くても2~3センチかと思います。太さはすねのあたりは剛毛なものもありますが、髪の毛くらいのさらさらの毛でした。

小学校低学年のころは特に気にせず生えっぱなしで暮らしていました。ですが高学年になるにつれてからかわれるようになりました。親に相談してみたら、剃るとさらに太い毛が生えると言われて剃れませんでした。

目立たないために脱色をした際には、ライオンというあだ名をつけられ泣いてしまいました。ふわふわの金色で5センチ以上の毛が両足でゆれているので、今となっては的を得ていると思います。

中学に上がったころは思春期の真っ盛りで、親の言うことなど無視して毛剃っていました。長すぎるのでまずはハサミでカットし、親のカミソリを勝手に使っていました。肌荒れといった知識がなかったので剃ったあとはヒリヒリして赤いポツポツができ恥ずかしかったこともあります。

ですが剃ってしまえばなにもないのでいじめられることもありませんでした。平穏を手に入れたのです。

高校に入ったころは肌のケアなども情報収集ができたので、ドラッグストアで肌に優しいムダ毛を溶かす溶液を使ったりしました。ムダ毛用の剥がすシートは毛が多すぎて粘着が弱くなりあまり抜けなかったり、大量に必要なのでコスト面でも向いていませんでした。

社会人になってからは着る服を自分で選べるので、夏以外は足の露出の少ない恰好をしていました。そうすれば足の毛を剃る必要がないからです。本音を言えば足の毛があった方が暖かいし剃ると肌荒れもあり、なにより面倒なのです。

うっかり毛を剃り忘れて恥ずかしい思いをしたこともあります。ズボンを巻き上げたり、靴を買うときも注意が必要です。

そんな日々に毎日に嫌気がさしたので、ついに脱毛サロンに通うことにしました。名古屋にはたくさん脱毛サロンやクリニックがあって迷いましたが、結局はメンズ脱毛サロンに決めました。

参考サイト:メンズ脱毛名古屋

通うのが面倒なこともありますが、病気でもないし一生付き合っていくしかないと楽観的に考えるようになりました。若いころほど恥ずかしさも減ったので、歳を取ってよかったです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です